日本内視鏡外科学会 HOME > ロボット支援手術プロクター認定制度規則(消化器・一般外科)が策定されました。

ロボット支援手術プロクター認定制度規則(消化器・一般外科)が策定されました。

令和二年 1月

2019年12月の日本内視鏡外科学会理事会にて「ロボット支援手術プロクター認定制度規則(消化器・一般外科)」が承認されました。
運用は、2020年4月頃を目途に申請を開始し、2020年9月以降の理事会にて、初回の承認を予定しております。
詳細は、あらためてご案内いたします。

なお、本規則が策定されましたので、従来、当会にて推奨していた消化器・一般外科領域のプロクターに関しては、正式な「認定プロクター(消化器・一般外科)」とすることとします。

下記、指針等についても改訂しておりますのでご参照ください。

ロボット支援下内視鏡手術導入に関する指針(改定)new
消化器外科領域ロボット支援下内視鏡手術導入に関する指針(改定)new
ロボット支援手術プロクター認定制度規則(消化器・一般外科)new

【参考】
日本内視鏡外科学会ロボット支援手術認定プロクター(消化器・一般外科)(2020年1月)new
日本内視鏡外科学会が推奨するプロクター(2020年1月)new

一般社団法人日本内視鏡外科学会
ロボット支援手術検討委員会
委員長 宇山 一朗